通信制高校は学費も安いから安心【働きながら学べる高校について】

高校進学を諦めない!

何らかの理由で高校へ進学できなかった、途中で辞めてしまったという方がいます。しかし、そんな方でも高校卒業の資格を得るチャンスはあるのです。通信制高校に通って、もう一度勉強をしていきましょう。

普通高校と通信制高校の違いをチェック!

普通高校とは

普通高校は主に全日制高校のことを言います。小学校や中学校の頃と同じく、朝から授業を受けます。しかし、普通高校でもいろんな特色を持った高校があるので、学校を決めるときは迷うことも少なくありません。

通信制高校とは

通信制高校は、朝から学校で授業を受けるところではありません。その名の通り、通信制なので学校に通わず、ネットを使って授業を受けていきます。ただ、何回かはスクーリングといって学校で皆と授業などを受けることがあります。

通信制高校は高卒認定が取れる

勉強

高校を卒業したという資格は、何も全日制高校を出た人だけに与えられるものではありません。通信制高校を卒業してももらえるので、高校進学を諦めたり、中退したりした方は通うことを検討してみて下さい。高校卒業資格は、必要な単位を取得していけばもらえます。

卒業するために必要なこと

文系理系

通信制高校を卒業するためには、必要な単位の取得が条件になっています。その単位は74単位以上となっているでしょう。また、この74単位というのは在籍中の3年間で取ることが定められています。ただし、別の高校から編入して通信制高校に途中から入ったという方もいますよね。そのような方は、その前に通っていた高校での取得単位数も含むことができるのです。

学費はどのくらいか?

通信制高校に通う人の中には、働きながら学費を稼いで通っていることも少なくありません。学費は、全日制高校と比べると安くなっています。全日制高校の私立に通う場合、年間で70万円以上かかります。一方、通信制高校でも私立と公立がありますが、同じく私立でも年25万円~35万円程度が平均です。また、通信制高校なら働きながらでも通学の必要がほとんどないため、勉強と仕事との両立がしやすくなっています。

気になったら資料を取り寄せよう

もしも、通信制高校への入学や編入を前向きに検討している場合は、学校の紹介パンフレット等を請求しましょう。資料請求は、学校のホームページからでも可能なことがほとんどです。資料を取り寄せたら、学校の学習システムや就職と進学状況、卒業生や在校生の声などを見ておくといいです。また、スクーリングの仕方は学校によって違うことがあるため、そこもチェックしておくと登校時の負担を予め確認できます。

広告募集中